引越し 東京

東京都からの引越し見積もり|安くする方法

東京都から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、東京都から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

東京都内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
東京都内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
東京都内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
東京都内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、東京都内の引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しをする場合の料金見積についてですが、引越しをする場合には、まずは、見積もりを比較検討をして引越し業者を決めるのが賢明かと思います。一口に引っ越しと言っても、業者ごとに価格、サービスは違うので、実際に見積もりをしてみて初めて、引越し料金がいくらなのか、サービス内容に違いはあるのか、比較して一番良い業者を選ぶことができます。前もって見積もりをしてくれるのは、ふつうどこの業者でもそうしています。実際にどうやって見積もりしてもらうかというと、まずは、引越し会社に電話をして、見積もり依頼をして、約束の日時に、担当者が訪問して、荷物の量などを見て見積もりをしてくれます。どうやって引越し料金を計算するかは、基本的にどこの業者も似たようなものですが、荷物の量は全部でどのくらいなのか、大きな荷物があれば、搬出、搬入の方法も確認します。さらには転居先までの距離ですとか引越し先の搬入経路の確認など、いろいろとチェックして金額を計算します。見積書をもらったら、それによって業者を選ぶのですが、数社見積もりをしてもらうことで、サービス内容がだいたいいっしょであれば、各社の価格の違いというのがわかりますし、値段がほぼ同じくらいだったら、サービス内容の一番よい業者を選ぶことができますので、何社かの見積もりを比べて選ぶことで、お得でサービスのいい引越し業者に頼むことができます。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金がどうなっているのかということについてなんですが、引越し料金の内容についてなんですが、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などが含まれています。最初に運送費についてなんですが、基本的に運賃と作業料が運送費になっています。トラックの大きさはどのくらいのものが必要か作業にかかる時間や引越し先までの距離はどのくらいかで引越し料金は違ってきます。大きなトラックが必要になれば当然引越し料金は高くなりますし、当然ですが、使用する台数が多くなるほど引越し料金は増額になりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の金額は高くなりますし、そして人件費についてですが、これは作業に必要なスタッフのことで引越し業者の作業員の数が多ければ多いほど引越し料金は高い価格になります。そして梱包費と交通費については梱包費については、梱包資材や梱包作業が含まれています。交通費といいますのは、高速料金などですから使わなければ必要ありません。最後に保険料がありますが、保険があるのかないのかを確認しておきましょう。もしも事故やトラブルが生じてしまったら保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し業者の料金は主にこれらの合算になっています。それそれの業者によって無料サービスになっている場合などもあり、数社の業者を比べてから選ぶのが賢い方法です。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越し見積もりにインターネットを利用する人も多いです。とくに一括見積り比較というシステムもありよく利用されています。これは、自分の連絡先やその他引越し先など必要事項を入力すると一回入力をするだけで、同時に複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこのシステムを使う人が増えている理由です。何社もの引越し業者に一社一社見積もり依頼をするのは大変ですが、これを利用すれば、こちらからの連絡は一回でいいので、今、オンラインの一括見積もりは大変人気があるといわれています。ただ、この段階での見積もりでは、かなりアバウトな料金しかわからないので、やはり引越しの見積もりをする場合には実際の荷物や搬出経路などを確認して、見積もりをしてもらわなければなりません。オンライン見積もりを使うことのよい点というをのは、一回の入力作業で、まとめてたくさんの会社に見積もり依頼できる点で、複数の引越し業者を比較することができるということです。多くの引越し業者を比較することによって安くてサービスもよい引越し業者がわかりますから、一番お得な業者を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は会社によってけっこう違いますから、ぜひとも使ってみるといいと思いますよ。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金は見積もりを比べるとよいです。引越し業者各社の見積もりを比較するといいますと、どんなところがチェックポイントになるかといいますと、もちろん何を比較するかといえば、まずは、値段で比較するのはその他のサービスの面でも比べてみることが大切だと思います。例えば、引越しの見積もりをしてもらった場合に、引越しプランが同じであってもダンボールやガムテープはどれだけくれるのかとか、ハンガーボックスや布団袋あるのかとか梱包材料はどうなのかといったことも、引越しの見積もりを比較する場合には注意してみるとよいでしょう。業者によって、引越し業者と契約時に、お米とか、何かのプレゼントがあるとか、サービスを行っているところもありますし、タンスの中身はそのまま出さなくてもよいこともありますし、タンスは空にしておかないといけない場合もあります。引越しの見積もりをする場合には、3社くらいは見積もりを依頼して、価格とサービスの両方を比べてみるのがいいですね。そうすることによって、金額が安いのはどこであるか、その引越し会社がサービス内容がよいのかが、判断できるのではないかと思います。ですから、引越し見積もりは、意外に金額さがあることもよくあることなので、複数の業者を比べて一番良いところを選ぶのがお得です。

 

■引越しと防震
地震対策をするには引越の時にやるといいですよね。ここ最近では、主な引越の会社さんでも引越し作業といっしょに防震対策をしてくれるサービスが用意されている業者も多くあります。防震、免震のグッズなども、いろいろと引越会社では用意しているようです。一例を挙げますと新居に家具を運搬、設置をしたら地震で家具が倒れないようにする転倒防止用の家具の固定金具もありますし、家具の設置をする下に免震用のシートなどをはさんでおくというのもあります。家具を全て配置し終わってからそういうものを取り付けようとすると大変なこともあります。引越の忙しいときに、そんなものを自分で準備するのも手間ですし、引越し業者のサービスを利用すれば、どうせ荷物を動かすついでなので合理的ですね。このようなオプションでは、引越し業者によってプランや取扱のある地震対策グッズは違っていますし、そのための料金も各社違いがあると思います。引越し会社のホームページなどで確認してみるとどのような地震対策をしてくれるのか書いてあると思いますので、そちらを参考にして各社比べてみるとよいでしょう。引越しを機会に地震対策に努めるということはぜひやっておきたいことですね。地震対策は契約時などに強く勧められることでもないことが一般的なので内容を確認して、こちらから頼むのが一般的のようです。

 

 

■引越し業者の種類
引越しはそんなに頻繁にしないので引越し業者といってもよくわかりません。引越し業者といっても色々な引越し業社があると思います。例えば全国に支店があるような大手の引越し業社だったり大手企業以外にも、中堅、中小の引越し業者もたくさんあります。その他、赤帽やいろいろな引越し業者があります。引越し業社にはこのように種類がありますがどの引越し会社を選ぶのかは、自分の引越しに合わせて選べばいいと思います。例えば、引越しをするといっても、一人暮らしで、レオパレスなどのような賃貸物件に住むという人もいるのではないかと思います。こういったところに引っ越しをするなら、作業員の人数も必要ありませんので、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。他にも、単身赴任の引越しの場合には、大手の引越し業社の単身パックのようなサービスがありますので、こういったサービスを利用すればスムーズに単身の引越しをすることが出来ます。こういった感じで、引越し業社を選ぶには荷物の量や引っ越しの形態によって決めるのがよいのではないでしょうか。その中でも引越し業者は、色々と比較して選ぶといいのではないかと思いますから、料金について比べるとともに、サービス内容についても違いがないかを確認して選ぶのがいいかもしれないですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングというのがありますが、これから引越しを考えている人にとってはとても役に立つものではないかと思います。ランキング上位になっているような引越し業者は安心して引越しを任せることができます。どこでこのランキングを見ることができるかというと、色々な引越し業者を一括でオンライン見積もりをしてくれるサイトなどで紹介されています。何を基準に評価するかもいろいろあって費用が安い業者のランキングがあったり、営業対応がよかった業者の評価であったり、引越し作業員の態度がよいかといった評価、スピード、サービス全体などを見てポイントが高い業者順にランク付けされています。今、引越し業者をどこにしたらいいか考えてる人には、引越しはそんなに頻繁にしないからよくわからないという人が多いのではないでしょうか。そう思っていたら、このランキングを参考にしてみると、実際に頼んで、どんな感じだったのかというのがわかります。また、口コミ、評価、感想なども掲載されている場合も多く、実際に、引越しを頼んで対応がどうだったかということが書かれているので、これから引越し業者を選ぶための情報源として、参考にするといいでしょう。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者やプランの選び方についてですが、自分の引越しのスタイルによって、それにふさわしい業者やサービスを選ぶとよいでしょう。例えば、大家族で引越しする場合には、家族の人数が多いとそれだけ、普通は、荷物も多くなりますので、梱包や運搬など引っ越し作業が多くなります。小さな子供などがいる場合は、子供も見てなければいけないので、家族全員で引越しをする場合は、作業量と、どれだけ手間をかけることができるかで、引越し業者やサービスパックを選択するのが賢明です。子供がまだ小さい家庭ですとか、お年寄りがいる家の引越しの場合では、子供やお年寄りの分も引越しの準備が必要ですし、もちろん仕事もしなければなりませんし、仕事をやりながら、家の引越しの準備をするので、なかなか時間がないのが普通でしょう。このような人の引越しの場合には、全部おまかせコースとかいうような荷造りから全部引越し業者がやってくれるようなサービスのある引越し業者を選ぶようにすれば引越し業者がやってくれるので助かると思います。単身での引越しでしたら、荷物と言ってもそんなにないでしょうから、一家そろって引越しをするのと違って、引越し作業と言ってもそれほど大変ではないでしょう。引越し業者の単身パックのようなサービスを依頼すると、安くてサービスのいい引越しをすることが出来る場合があります。大人数の引越しと違って、単身の場合は引越しもわりと楽なので、単身パックのようなものを使って、てっとり早く引越しも終わると思います。

 

 

■引越しのらくらくパック
引越業者のらくらくパックというサービスがありますが、引越しのらくらくパックというのはそれぞれの引越会社にあると思いますが名前やプランの引越し内容は違いがあるかもしれませんね。例えば、クロネコヤマトの引越の場合ですと引越しらくらくパックという名前になっていたと思います。日本通運の場合は、ゆうゆうこんぽという商品名だったかと思います。松本引越しセンターでしたらおまかせコースと呼ばれていたと思います。引越会社の作業員が小物類の梱包も荷物の搬出から搬入まで至れり尽くせり任せることができる文字通り、らくらくに引越しができるサービス内容になっているのが、らくらくパックと呼ばれているものです。引越しの作業のかなりの部分を業者がやってくれるパックですが、やはりいるものといらないものの仕分などは自分がしておくべきことはあると思います。引越しのらくらくパックの中で荷解きまで含まれているサービスだったとしても梱包を解体してダンボールなどは片づけてくれますが、そこから先の、荷物の整頓などは自分でします。しかし普通の引越しのプランに比べると少々お値段は高くなるとおもいますが、通常こちらでする作業も業者がやってくれますし、実際に、楽に引越しができるのは間違いないですね。赤ちゃんやお年寄りがいる家庭では思うように準備もできないものですから多少は料金が高かったりしても、便利でいいかもしれませんね。

 

■単身引越し
単身引越しをする人に便利な、単身引っ越し向けのパッケージがあります。独身者や学生など、自分ひとりで引越しですと、家族で引越しをする場合とは、だいぶ事情も違ってきます。独身者でしたら、ふつうは家具や家電もそれほど大きなものはないですし、荷物も全体的に少ないのがほとんどだと思います。単身で引越しする場合は、家族の引越しプランのようなダンボールを必要なだけ無料サービスといったこともそれほど必要としないかもしれません。それよりも少しでも引越しにかかる費用を安くやってもらった方がいいという人が多いと思います。自分一人で引越しをする場合には、荷造りも簡単だと思いますし、引越し先まで、荷物を運ぶトラックの助手席に一緒に乗って行ける、というサービスのほうがありがたい人も多いでしょう。単身の引越しには単身の人の、また、学生の引越しには学生向けになっているような引越しプランを見つけて、それを利用したほうが、価格的にも安いと思いますし、サービスもそれ用に設計されているので使い勝手もよいと思います。単身の引越しプランはほとんどの引越し業者でやっていると思いますので、各社それぞれ、若干サービス内容にも違いがあったりしますから、単身、学生一人暮らしの引越しプランで使い勝手のよいものを見つけて申込みするとよいですね。家族の引越しを比較すると単身引越しの場合は料金も安くつくのがほとんどです。

 

■自分で引越し
自分で引越しをやってしまおうと考えている人も、一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し業者を頼まずに引越しをする場合の、いい点、悪い点などについても、ちょっと考えてみた方がよいかもしれませんね。はじめに、引越しを自分で行うことのいいところは当然ですけど、引越し屋さんの料金がいらなくなりますので、そのぶんの引越しにかかる費用が安く済みます。また、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し業者にやってもらう場合は、初対面の引越し屋さんのスタッフに、どうするのかいろいろと説明したり予定外のこともなにかと起こりえますし、神経質な人は気分が疲れてしまうかもしれません。引越しを自分でする場合は、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、楽しいというメリットもあります。引越し業者を頼まないで引越し作業をするのは、良いことばかりでなくデメリットもあります。引越しを自分で行うデメリットはもしかすると引越しを自分で行ったほうが高くついたということも実際には多いと言われています。例えば、作業を手伝ってもらった友達に、食事代を出したりお礼をしたり、車もレンタカーなどで借りたりして、後から考えると引越しを業者に頼んだほうが安くついたなんてこともじつはありがちなのです。また自分達だけで引越し作業をする場合は、引越し業者のスタッフのように、ちゃんと教育研修を受けたプロとは違いますから、これもよくありがちなことですけど、ケガをしてしまったりですとか、いろいろと困ったことも起こってしまうものです。そういうわけで、引越しを自分ですることはメリットもありますが逆に高くついてしまうこともありますから、一応そういうこともあることを知っておくとよいと思います。

 

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

東京都内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
東京都内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
東京都内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
東京都内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、東京都内の引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越しの手順
引越しといいますと、それなりに大変ではあるのですが、まずは何からはじめたらよいのか・・・引っ越し作業の準備から後片付けまでをスムーズにこなすには、いつ引越しをするのか、それまでの段取りをどうするかといった計画をしっかりとやっておくことが引越しをスムーズに終わらせるためには大切なことです。引越しの段取りがしっかりと決まっていれば、引越しの費用や手間も省けて引越しをスムーズに行うことができると思います。なんといってもまず何から始めるかというと、引越し計画をきちんとつくってみましょう。引越し予定日をいつにするのか、どの引越し業者に依頼するのか、だいたいの引越しの時間も考えておくことが必要です。引越しの計画をしっかりと立てることで引越しがスムーズに終わるかどうかは決まってくると思います。引越しのプランが立てられたらその後、すぐに荷造りではなくて、その前に、必要なものといらない荷物を分けて、必要ないものは処分する荷物を少なくする下準備が必要です。ある程度荷物の整理ができれば荷造りもスムーズになります。ますは整理をしてから始めないと荷物の仕訳をしながら荷造りをしますから効率よく荷造りができません。効率よく荷造り作業を終わらせるためには、ある程度の荷物の処分が必要です。そして引越しの当日になって、荷物を運び出して、新しい家に運んで搬入後の荷物の後片付け、手順で引越しは進められていきます。この間にも、引っ越す前の近所への挨拶や引越し先でのあいさつなど引越しの当日はなかなか忙しいものです。

 

■引越しの計画
引越しを上手く終わらすためには、計画をきちんと立てて行うことが一番大切ということができます。この引越しの計画がちゃんと立てられていないと段取りよく引越しを終わらせることができません。無駄な時間を使わずに引越しを行うためにも、引越しの計画を事前にきちんと立てましょう。例えば、いつ引越しをするかですが、時期によっても変わってきます春先の月月は転職や入学、就職によって一番引越しの多い時期ですから、値段もアップしますし、サービスレベルが下がったり希望の日に引越し業者を手配できないもともあります。というわけで、引越しの日はできれば早めに決めておいてできるだけ繁忙期は避けたほうがいいかもしれません。その他、引越しをする時間についても、引越し業者の料金は、時間帯が遅くなれば遅くなるほど安い料金になることがありますので、引越しの計画をする場合には、引越しの時間についても考えてみましょう。ある程度の引越しの計画が立ったら、次は引越し業者を数社選んで引越しの見積もりをしてもらいましょう。引越しの見積もりが終わって比較ができれば一番条件のよい引越し業者を選ぶこともできますので、引越しの計画もだいたい立つと思います。引越しを依頼する会社と日が決まってしまえば引越しの計画もスムーズに進むのではないでしょうか。

 

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物は極力減らすのがいいですね。引越しというのはいらないものを処分する絶好のチャンスでもあります。また、荷造りを始める前に、引越しの荷物のある程度の整理をあらかじめしておくことで引越しの荷造りはスムーズになります。最初は、まずは、洋服から整理しましょう。着ることが少ない洋服、もう着ない洋服を処分することで荷造り作業にかかる時間も少なくなります。そして引越しの準備をしながら不用品が出てきた場合には、どう処分をするのがいいか決めます。リサイクルショップに売ることができるものか粗大ごみとして処分するにはどうするのか不用品の処分についても先に考えておけば引越しの間際になってあわてなくても大丈夫です。家電などの場合では、リサイクル法で業者に頼んでリサイクルに出してもらわなければいけないこともありますから、もって行く電化製品、もって行かない電化製品などの整理も事前にしておくといいかもしれません。引越しの荷造りに入る前に荷物の整理をしておくと荷物の量もだいぶ少なくなっていると思いますので、てきぱきと荷造りもできますし、引越しの日がきまったら、なるべく早くから、荷物をある程度整理しておくといいと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しをするために準備しておくものについてですが、準備と言えば、荷造りからなわけですが、まずは、ダンボール箱を思い浮かべる人が多いのでないでしょうか。ダンボール箱は必ずといってもいいほど引越しには必要ですがでは、引越しに必要なダンボール箱というのはどのくらいかと言いますと、人家族の場合でしたら箱くらいというように、いうことのようですので、そのくらいは、準備をしておけばよいのではないでしょうか。ダンボール箱は、最近ではだいたいの引越し業者が、引越しを頼めば、必要数無料サービスしてくれますので、自分でどこかからもらってきたり、買ってきたりする必要はありません。また、ワレモノなどもあると思いますから、プチプチシートとか緩衝材なども必要です。これも、わりと引越し業者がくれたりします。ガラスやセトモノなどを梱包するために使いましょう。ワレモノの梱包には、その他にも、新聞紙も必要になります。新聞紙は、ワレモノ以外にもいろいろ使えますので、わりとたくさんあってもいいのではないでしょうか。あとは、ガムテープやひもなどももちろん荷造り梱包のためには必要になります。また、これも当然必要ですけど、ハサミですとか、カッターナイフ、軍手もあると重宝することがあります。そして、それぞれの荷物に、新しい住まいの、どの部屋に運ぶかわかるように書くためにマジックインキがあったほうがよいですね。

 

■引越しの荷造り
引越しの際にいかに荷造りを上手くやるかですが、引越しの荷造りのポイントとして梱包方法に気をつけましょう。梱包は最近では引越し業者に頼む人もいますが、自分で引越しの梱包作業をする場合には、それにあったやりかたがそれぞれの梱包をするものによってありますから、それに合った方法で梱包します。皿やグラスなどワレモノの梱包の場合に、引越し業者がやってくれるなら、割れ物はやはりプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包にはコツがありますからそれに合った梱包をしてもらうことが引っ越し業者なら出来ると思います。自分で食器の梱包をする場合では割れないように十分に注意して梱包をしましょう。引越しの荷物には手持ちにしたほうがいいものがあります。それはもしも紛失してしまったら取り返しがつかなくなるような貴重品などは自分で持って行かなくてはなりません。例えば高い宝石や時計など銀行の通帳や実印など現金やキャッシュカード、権利書や株券など手持ちで引越し業者に頼まないほうが安心です。荷造りをする際には、何がどこに入っているのかわかるようにダンボールにわかりやすく書いておいて、またどこの部屋に運ぶのか書いておくのが荷物を片づける作業もはかどると思います。

 

 

■引越しの各種手続き
引越しの時の電気水道ガスなどライフラインの手続きについて忘れないように書いておきたいと思います。ところで、遠くに引越す場合には、違う電話番号に変わってしまいます。電話の引越しは116番が窓口なので、電話の引越しの手続きを行っておくことが必要です。電力のほうは、引越しをする日から週間くらい前に連絡をします。移転の手続きをしておきます。引越し先の電力会社にも、事前に電話をして、引越ししたらすぐに電気が使えるようにしておきます。ガスについても同様に、引越しをする日から週間くらい前までに連絡をして起きます。引越し先での新規契約では、そこのガス会社の連絡窓口に電話をして手続きをして入居をする日に、作業員が来て開栓、検査をして、ガスが使えるようにしてもらいます。水道局のほうの手続きについては、電気やガスと同じく、引越し前に、電話をして、引越しの手続きをしておきます。新居のほうの水道局にも連絡して入居日に水道がでるように手続きをします。ライフラインや通信の手続きはこんな感じですが、こういったライフラインの手続きは、賃貸物件に引っ越しをする場合ですと、不動産会社がやってくれる場合があるので、入居した日から連絡なしで使える場合もありますし、また、新築物件などに引越しをする場合にはこのほかの手続きが必要になることもありますので、そちらは各自確認してみるといいでしょう。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの色々な手続きについて紹介したいと思います。そして、役所での手続きといったことの他にも、例えば、新聞を購読していた場合には、それから、銀行などにも住所変更の手続きしておくことも他にも、いろいろな保険に入っていると思いますが、住所変更の手続きなどをすることを忘れてはいけません。一口に、保険と言っても、基本的には、生命保険や自動車保険と思いますが、養老保険とか、学資保険とか契約をしている人は、それらの保険の引越しに関わる手続きをしなければいけません。あと、郵便局にも事前に届けをだしておかなければいけません。郵便局に行くと、転居届の用紙がおいてありますので、それを書いて投函しておけば、今までの住所宛に郵便物が送られてきた場合には、一年間は、自動的に新しい住所に転送をしてくれるようになりますので、これは、必ずしておかなければいけませんね。また携帯電話なども引越しの手続きが必要ですし、インターネット回線も事前に引っ越しの手続きをしておけば、引越しをしてからすぐにインターネットを利用することが出来ます。

 

■東京都の電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
【電力】
東京電力東京カスタマーセンター(第一) 0120-995-001
江東区、墨田区、江戸川区、葛飾区、台東区、荒川区、足立区、渋谷区、
世田谷区、品川区、目黒区、大田区、港区(台場)

 

東京電力東京カスタマーセンター(第二) 0120-995-005 
千代田区、中央区、新宿区、豊島区、文京区、板橋区、北区、練馬区、
杉並区、中野区および島嶼地区、港区(台場を除く)

 

東京電力多摩カスタマーセンター 0120-995-661
東京都の23区以外および島嶼地区以外

 

【ガス】
東京ガス引越し専用ダイヤル:0570−002230(ナビダイヤル)

 

【水道】
東京都水道局
23区内:03-5326-1100 <お引っ越し、ご契約の変更>
多摩地区の下記26市町:0570-091-100<お引っ越し、ご契約の変更>

 

 

東京都内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
東京都内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
東京都内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
東京都内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、東京都内の引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越し当日
引越しをするその当日は、引越しのスタッフが中心に行ってくれますが、こちらは、全く何もしなくていいということでもありません。例えば、引越し業者に適切に指示をすることで、引越しが効率よくに進みます。特にば大物の家具などは前もって、どこに配置をするのかを図にして説明しておくと、スムーズに大型家具を設置してもらえて便利かもしれませんし、また、配置図までは用意をしておかなかった場合でも、当日適切に指示をしてやることによって作業が効率よく進みます。引越しの当日は引越しが効率よく進むように、最初に、大まかな当日の作業予定や終了時間確認、引越しのトラックの駐車スペースなどの確認をしておけば引越し作業もはかどると思います。万一特殊な荷物を持っていく場合には、見積もりの際に引越し業者に聞いておいて運んでもらえないという場合には、他の業者に頼まなければいけませんからそちらも引越しをする前に頼んでおかなければなりません。引越しの当日は荷物を運んでしまえば終わりだと、考えている人もいるかも知れませんが、そんなことはなく、引越しの当日も引越し業者にいろいろと指示を出したりといったように、引越し作業が効率よくにいくように自分達でも引越し業者を手伝う必要があるので何かと忙しいと思います。

 

■荷物の破損や紛失
引越の際に荷物を壊してしまったらり、紛失について紹介したと思います。引越し業者との間のありがちなトラブルとして荷物の破損であったり、無くしてしまったということはよく聞いたりすることはあります。引越会社の人たちも気を付けながら作業をしているわけですから、引越の作業をするにあたっては、引越しの際におきる破損や紛失のトラブルは防がなければいけないというのは当然です。問題が起きてしまわないようにするために、作業前の荷物の確認をしておくことと、問題が発生した場合の対処方法について、業者との間で確認をしておくことは必要なことではないでしょうか。家具、ワレモノ、貴重品などの状態は梱包、運搬前の状態を把握しておく必要がありますし、大切な家具などを運ぶときには、立ち合いをするのがよいでしょう。そして、引越先が新築の場合でしたら、引越しの前に傷を確認しておいて、引越し前から傷のあるところはどこであったかをチェックしておきましょう。そして荷物や家具が運び込まれて壊れていたり傷ついていたりしたら、その場で引越し業者に言ったほうがいいですね。引越しの際についてしまった傷や破損で引越し業者がやってしまった場合は、一年以内の場合は保証をしてくれると思います。引越の荷物に関するトラブルではこういったことがありますので、少しでもトラブルを減らすためにも事前に状態を確認しておくべきです。

 

■積み残し
引越の際の、荷物の積み残しのトラブルに関してですが、荷物がトラックに積み切れなかったということはわりとよくあることのようです。その原因としては、インターネットで見積もりをする人が多くなっているので、その問題を引き起こしていることが多いようです。なぜインターネットの見積もりを利用すると、荷物の積み残しの引き起こしてしまうのかといいますと、依頼者が入力をした荷物の量が入力もれがあったりすることも多く、用意された引越し業者のトラックに積み切れなくなって、積み切れなかったということがあるようです。積み残しが、依頼者側の原因で起こってしまった場合には、別料金が取られてしまうこともありますから、契約をする前に、引越し業者に対して、万一、当日積み残しが出てしまったら、その対処方法や料金について確認しておくと良いと思います。引越し業者が実地見積もりをして、積み残しになってしまったという場合ですと、それは引越し業者が対処をする必要がありますので、追加の料金とかはなしで運んでもらわなければなりません。積み残しの問題はありがちではありますが、それが業者との間でトラブルになるならその業者は悪質な引越業者だったのかもしれませんね。通常は、良心的な引越し会社であれば、万一、積み残しが発生してもトラブルにまで発展しないと思います。

 

 

■追加料金
引越業者に作業を依頼する場合、追加料金は基本的には、発生することはありません。基本的には、見積もりをした時に取り決めした料金が全てなのです。というわけで、契約をした後にまた、別途料金が必要になるということは通常は、ありえないのです。ただし、必要になる場合があるなら見積もりをしているときの荷物や引越し先の前の道幅や搬入経路などが見積もりの際にはわからずに、追加の費用が必要になる場合もあります。見積もり時に確認した内容と違い引越しの荷物の量が多くてトラックに積めないといった場合には、往復して輸送したり、別のトラックを手配したりして引越しの作業が行われます。見積もりをしたときに正しく自分が情報を伝えていないで引越し当日にこのようなことになった時には、引越しの追加料金が発生しても仕方ないと思います。また、引越業者に依頼した作業の開始時間になってもまだ、荷造りができていなかったりして、引越し業者も契約外の荷造り作業に大幅に時間を取られたような場合も追加で料金を請求されても仕方ありません。そのため、追加料金が発生するケースも見積もりの際には確認しておく必要もあります。予定どおり引越しの作業を完了するためにも、追加の費用がかからないようにするためにも、荷造りなど、引越しの準備は、前日まで済ましておくのがよいです。

 

■引越しのあいさつ
引越しの挨拶について紹介したいと思います。引越をするときには、今まで住んでいた近所の人への挨拶は引越の当日までに済ませておくようにします。引越をする日を伝えて、引越をする日には、ご迷惑おかけしますと先に伝えておくのがよいかと思います。引越の挨拶をする意味としては、今までお世話になったお礼もありますが、引越しの作業などで、当日騒がしくしてしまうかもしれないので、賃貸マンションなどに住んでいるのでしたら、もちろん管理人さんや大屋さんにも挨拶は必要です。ふつうは、円以内くらいで何か挨拶のものを持っていくといいですね。また、引越先への挨拶は、両隣の方には、当日、荷物を搬入する前にあいさつをしておきます。引越し先がマンションの場合には、その他にも上下に住んでいる人にも、挨拶をしに行くのがいいですね。引越し先が、賃貸マンションの場合には、管理人さんや大家さんに対しても挨拶しておきます。持っていく粗品では、洗剤や石鹸など邪魔にならないようなものがよいです。最近は、引越をしてきても、挨拶などは特にせずに平然と住んでいる人が多いですし、荷物の運搬を始める前にも挨拶なしに荷物の搬入を始める人もいるようですが、やはり引越しをする際には、挨拶するのを忘れないようにしましょう。

 

 

東京都内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
東京都内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
東京都内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
東京都内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、東京都内の引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド